パチンコ台のネカセ

パチンコ台のネカセとは、パチンコ台を設置する時の傾斜角のことをいい、ネカセの平均角度は4分5厘で、これより垂直に設置する(つまりネカセをきつくする)と、玉が釘に絡みにくくなります。

また、入賞ステージに乗った玉がすぐに落下してしまうのも、このネカセの影響があります。

引用記事


キタァ〜3連単(馬喰い馬券)
posted by ギャンブル大帝 at 12:43 | パチンコ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。